音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2013-09-10から1日間の記事一覧

Frankie Valli / LADY PUT THE LIGHT OUT (1977/2013)

山下達郎のラジオ番組で「NATIVE NEW YORKER」が流れて一発で心臓を射貫かれて購入。全体的にメロウだけれども、どことなくディスコティックでもある雰囲気。このようなメロウな雰囲気漂うボーカルはMick Hucknall(Simply Red)のボーカルで慣れたのだろうな…

予襲復讐 / マキシマム ザ ホルモン (2013)

帰り道に。何度聴いてもやかましさの極み。そのくせ、楽曲ごとに見せる展開の面白さが耳を引きつけてやまない。そして究極の空耳日本語。何が楽しくてこれを聴いているのか、僕にも分からない。

B'z The Best XXV 1999-2012 / B'z (2013)

つらいのは 心ではなく 朝であると一句詠んだ後に出勤。B'zは気分を邪魔することがない健全な産業ロックなので安心して朝のお供に出来る。