音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2015-10-10から1日間の記事一覧

I could be free / 原田知世 (1997 CD-DA)

アントニオ・カルロス・ジョビンのラストトラックを聴いていたら、急にこのアルバムの音世界が降ってきたので、そのまま立て続けに再生。もう誰も認定しなくてもしていても、改めて自分の中で勝手に名盤認定していいですよね?

WAVE / Antonio Carlos Jobim (1967/2014 ハイレゾ 96/24)

この空間を飽和させる音世界。このアルバムが名盤とされる理由の一つなのだろうなぁ。厭味にならないファットさとでも言えばいいか。

R.シュトラウス:英雄の生涯&ドン・ファン / ヤルヴィ,NHK交響楽団 (2015 SACD)

クラシックをもう1枚。『英雄の生涯』はドラマが比較的分かりやすく、その副題通りに描かれていて聴いていて楽しい。特にソロパートに大きな意味が込められているように感じられて興味深い。アップテンポな激しさだけが、クラシックの楽しさではないのだね。…

シューマン:ピアノ協奏曲/他 / ペライア(マレイ), アバド(クラウディオ), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1997 CD-DA)

その後、借りてきたCDを聴きつまんだのだが、どうにもこうにも耳に合わず。体調はまだ万全ではないようで。ということで、何か今の耳に合う音楽はないかとCDを取っ替え引っ替え5枚ほど再生→停止を繰り返し、ここに至る。このディスクを再生した瞬間の安心感…

WORLDS / Porter Robinson (2014 CD-DA)

予備知識無し。TSUTAYAの店頭にて「エレクトロ」の新譜とあったので「はて、どんなものかね?」と借りてきてみた次第。うーん。意外とチルアウト系に近いかな。Madeonのようにビートを聞かせるタイプというよりは、単音を正確に聞かせるタイプのエレクトロと…

シアワセのクツ / nano.RIPE (2015 CD-DA)

まぁ、予定調和で終わることは覚悟の上で借りてきたベスト盤なので、やはり予定調和に終わったのであります。このバンドは決して悪くはないのだけれども、いかんせん楽曲が全体的に眠いのが難点なのだよな。メロディが目を覚ましきっていないと言いますか。…

Refreshest / T-SQUARE and Friends (1991/2015 ハイレゾ DSD64)

段々とまったりしてきた土曜の昼前に。

KISS KISS / 松岡英明 (1989)

はい、2連チャン。さすがに80年代のCDの音は線が細いね。特に最新リマスタ物の音源を聴いた後だと、余計に痩せて聞こえる。リマスタ物の音圧を上げることを嫌う人もいるけれども、自分は音圧が上がることに対してはさほど抵抗がない、むしろ音が太くなったり…

以心伝心 / 松岡英明 (1988/2014)

昨夜はこのアルバムを聴きながら後半で寝落ち。目を覚ましたら4時。それから再び眠りに就き、起きたのは9時半。約10時間、よく寝た。やっぱり今週は何かとハードだったのね、ということを実感する土曜日の朝。ということで、昨夜のリベンジで朝一にまたして…