音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2018-09-01から1日間の記事一覧

ORIGINAL LOVE COMPILATION [selected] / ORIGINAL LOVE (1991-94/2016 ハイレゾ 96/24)

今日という日に飽きたので寝ます。

Brotherhood / B'z (1999 FLAC)

それでもB'zを聴くというね。もうね。

WOWOWでのB'zライヴ映像特集(続編)

先週に引き続き、B'zのライブ映像を。5時間半はさすがに長丁場。3回くらいに分けないと見ることは出来ないよ、これ。見ている最中は楽しいのだけれどもね。「OCEAN」で「まだ「OCEAN」か…」と思い、本日はそこで中断。

Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ 2 / 平井堅 (2017 Blu-ray)

Blu-ray収録のハイレゾ音声を久しぶりに堪能。

Future Pop / Perfume (2018 FLAC)

どことなく中途半端に終わった前作に比べると、意欲的に実験色を強めた今作の方がよっぽど好感度は高いのであります。ボーカルの要素が減る傾向にあるのは、中田ヤスタカと言う人の実験的志向を考慮すれば当然の帰結とも言えるわけで。

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 / アバド, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1998/2018 CD-DA)

アバド&ベルリンフィルのドイツグラモフォン全録音60枚組CDボックスセットを買ってしまったのです。@160ちょいだったので、つい。これはさすがに全部をエンコードするのは骨だろうし、一生かけて聴くような物なのでのんびりとCDでひもといていきますが。で…

9.5カラット / 井上陽水 (1984/2018 ハイレゾ 192/24)

4枚聴いたらお腹いっぱいになるかなと思っていたら、やっぱりこのアルバムも欲しかったので。これで9/1は陽水記念日になりましたな(本当か?)。

二色の独楽 / 井上陽水 (1974/2018 ハイレゾ 192/24)

と言うことで、土曜日も朝早くから井上陽水ハイレゾを堪能させて頂きました。数年待った甲斐が本当にあった。繰り返しになるけれども、本当に待ってたんだよ。

氷の世界 / 井上陽水 (1973/2018 ハイレゾ 192/24)

しかし井上陽水ハイレゾ、待った甲斐がありました。デジタルとアナログのハイブリッド、すなわち70年代前半と10年代後半との融合と調和と言った感のある音が楽しめる。結構音作りでギミックが存在する楽曲もあるので、そういった遊び心もしっかりと今の音に…

陽水Ⅱセンチメンタル / 井上陽水 (1972/2018 ハイレゾ 192/24)

え。だから順次ポチっているんですよ。

断絶 / 井上陽水 (1972/2018 ハイレゾ 192/24)

目を覚まし、Twitterのタイムラインを眺めると突然飛び込んできたこのニュース。井上陽水アルバムハイレゾ解禁。来たよ、来たよ、来ましたよ、やっと来ましたよ、この日が、この時が!ずーっと、ずーっと、ずーっと、待っていたのですよ、この日を。もう、喜…