音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-02-06から1日間の記事一覧

Hymns of the 49th Parallel / k.d.lang (2004 192/24)

今日はここまでかな。早めに寝ることにします。そのための心の準備のような音楽で。

Tracker (Deluxe) / Mark Knopfler (2015 192/24)

久しぶりに聴いたのだけれども、時間を置けば置くほど、音楽と自分との関係性が熟成されていくような感覚。それは音楽を媒介とした、自分とミュージシャンとの関係でもあり。

Innervisions / Stevie Wonder (1973/2014 96/24)

適度にビートが入りながらも、落ち着いてもいる音楽をと言うことでチョイス。実に正解でありました。

リンデンバウムより / 井筒香奈江 (2016 192/24)

ドラムレスなアルバムをもう1枚。陽が沈む時間に差し掛かり、少しだけ自分の気分にも光明が見えてくる。今日は幸いなことに休肝日なので、このまま大人しくじっとしていますよ。

Tiny Screams / 鬼束ちひろ (2017 96/24)

今日は何だかダメですね。このライヴアルバムを通して聴きながらも、ほとんど椅子の上でウトウトとしていた。終わる頃には少しだけ復調。

note / 上白石萌音 (2020 48/24)

これを聴きながら、しばし弛緩を決め込む。

MISIA SOUL JAZZ BEST 2020 / MISIA (2020 44.1/24)

昼に近づくにつれ、段々と身体と頭が重くなっていく。少し気分を紛らわすべく、このアルバムをボンヤリと聴く。外は散歩日和なのだが、そう言う気分にもなかなかなれず。

Can You Feel It / Rick Braun (2014 44.1/24)

この痛快なスムースジャズをたまに聴きたくなることがあるね。

American Garage / PAT METHENY GROUP (1979/2020 96/24)

本日の朝一に。晴れ上がった朝にふさわしい作品。