音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-12-30から1日間の記事一覧

水響曲 / 斉藤由貴 (2021 96/24)

昼食を摂ったりしながらこれを。流している最中に結構な降雪になっていたのだけれども、それも1時間弱の話。まぁ、それなりに新たに積もりましたが。しかし音楽のギアが入らないなあ…。ユルユルと。

Ken's Bar Ⅲ / 平井堅 (2014 96/24)

時折昼の寝落ちをしながら、このアルバムを。山荘でマッタリとした空気を味わっている間は、ギアなんて入りませんね。

Highlights from Indian Summer / 薬師丸ひろ子 (2021 96/24)

ギアを上げたところで、微妙にマッタリ路線であることには変わりはないのだけれども。夜から雪模様だったものが、ようやく少しだけ日が差してきた。窓の外の氷柱はどんどんと伸びて行く。帰る時間までにどれほどまでの長さになるのだろうか。Highlights from…

POP IN CITY ~for covers only~ / DEEN (2021 96/24)

昼前に。少しずつギアを上げていく感覚でチョイス。

Timeless 20th Century Japanese Popular Songs Collection / KEIKO LEE (2017 96/24)

邦楽を聴くのは数日ぶりかな。山荘にKeiko Leeの低音ヴォイスが柔らかに流れていく。外では小雪が舞っている。

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲 / ルプー, プレヴィン, ロンドン交響楽団 (1973/2017 FLAC)

朝食を摂りながらこれを。「なぜシューマンとグリーグはカップリングされることが多いのか」 「グリーグの出だしは初心者でも演奏できる」等々、会話を交わしながら。

J.S.バッハ:フルート・ソナタ / エマニュエル・パユ, ピノック (2014 FLAC)

本日の朝一に。とは言え、これを流しながらほとんど眠っておりましたが。