音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

On The Border / 面影ラッキーホール (2012)

今までのアルバムの中で、最も聴きやすい出来になっているのではないかと。詞の世界は相変わらずアレだけれども、楽曲的に妙な凹凸も無く、アレンジも統一感があっていい。地味にも見えてしまうかもしれないけれども、バックバンドはあくまでもaCKyの歌を盛り上げるために存在しているという割り切りの潔さが感じられるというか。その中で時々きらりと光る猥雑な歌謡曲っぽさが心を貫く。