音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Decade / fripSide (2012)

先行シングルやラジオで流れてきた曲を聴いた印象では「うーん、なんか大人しいかな」と思っていたのだけれども、13曲を通して聴けば前作よりもバラエティに富んだ仕上がりになっていた。インパクトのある曲はそれほど現れない金太郎飴的な流れなのだけれども、期待すべき点はそこではないというか。

前作では歪みまくっていた録音も、今回はすっきりと片付けられていて聴きやすい。八木沼悟志のメロディにはこれといった手癖はないのだけれども、過去のこの手の音楽をうまく昇華している感あり。そこが思わずニヤっとしてしまうポイントにもつながっているのだが。