音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Pieces Of The Moon / ZABADAK (1996)

出勤の往路と復路の後半戦に。

これ、いいコンピレーションだよ。どうしてこのアルバムを手に入れた当時にあまり聴かなかったのだろうか。入眠剤以外の用途として気分を民族音楽的に上げていくいいツールになる。1曲1曲のインパクトは『Decade』に譲るけれども、掘り出し物を聴く上でのベスト盤としてはこのアルバムも十分に機能する。