音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

謎のオープンワールド / the band apart (2015)

期待の最新作。今回も全詞日本詞ということで前作を踏襲する路線になるのか?と思いきや、アルバムのトーンを思い切り変えてきた。とにかく明るくポップ。その分the band apartならではのバンドアンサンブルの特色が若干後退したかという感もなきにしもあらずだが、聴きやすさでは初期の作品にも勝るとも劣らない仕上がりになっているのでは。ますますもってベスト盤など作れないバンドになってきた感あり。このバンドの入口はだんだんと難しいことになっているね。

さて、自分にとっては英詞でも日本詞でもあまり変わりはなく。いずれにせよ、the band apartに歌詞はあまり求めておらず、演奏の中の一つとしてまとめて聴いてしまうので。

超傑作。とまでは言わなくとも、the band apartの作品は基本的にスロースターターのスルメ盤なので、長い目で見てあげることが大切。条件反射で下手な感想を持ってしまっては損をする、と。