音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-01-05から1日間の記事一覧

What's It All About / Pat Metheny (2011/2018 ハイレゾ 96/24)

ちょっと心を鎮めておりました。落ち着け、自分。What's It All About 【Hi-Res】

マグマ / 稲葉浩志 (1997 FLAC)

なんとなく聴きたくなったのよ。そうしたら、急に稲葉浩志のソロアルバムを全部揃えたくなったのよ。いてもたってもいられなくなって、夜だというのにTSUTAYAに赴いたのよ。稲葉浩志のアルバムを4枚借りてくるだけのはずが、気がついたら、10枚ものCDがカゴ…

BESTⅡ / 中森明菜 (1988/2012 SACD)

「DESIRE」なんて、今までSACDで聴いても「音はイマイチなんだよな」などと思っておりましたが、今日、そのイメージを入れ替えます。か、カッコいい。これがエソ…ESOTERICの(以下略

BEST / 中森明菜 (1986/2012 SACD)

急に聴きたくなった。SACDの本気を見た。これがエソ…ESOTERICの実力なのか…。なんだか毎回同じセリフを吐いてるな。

Compass / Saigenji (2018 ハイレゾ 96/24)

Saigenjiのこの新作が本当にいい。ボーカルとギターの艶やかさは磨きがかかって、そして何よりもバンドのアンサンブルが芳醇。音楽をメンバー全員が楽しんでいる様が手に取るように見える。ハイレゾで聴いているとどんどんボリュームを上げてしまう。そして…

チャイコフスキー:「白鳥の湖(抜粋)」 / オーマンディ, フィラデルフィア管弦楽団 (1972/2012 CD-DA)

たまには趣を変えてバレエ音楽なぞ。短い曲が次々と流れ、場面転換が分かりやすいので、これはこれで面白い。Eugene Ormandy Conducts Tchaikovsky

ブルックナー:交響曲第4番 / バレンボイム, シュターツカペレ・ベルリン (2018 CD-DA)

前々からずっと気になっていたこのブルックナー全集が3,000円を切る安値で出ていたので購入。まずは第4番を聴いてみた。ブルックナーはオケを楽しむもの、と言うのが自分の信条なのだけれども、その信条を裏切らないオケの厚みを堪能することが出来る。フル…

マーラー:交響曲第5番 / ジンマン, チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 (2018 FLAC)

寝落ち明けの「そうだ、マーラー、聴こう」。ジンマンのマーラーを引っ張り出したのは、この演奏のSACDハイブリッド盤がタワレコオンラインでディスカウントされていたから。CD音質でも十分満足していたはずのものを果たしてSACDで買う必要はあるか?との検…