音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-05-14から1日間の記事一覧

アッテルベリ:交響曲第2番&第8番 / ヤルヴィ(ネーメ), エーテボリ交響楽団 (2014 SACD)

さて、アッテルベリ。この2曲は、これまで聴いて来た中で最も行進曲か吹奏楽アレンジが似合うメロディではないかと。旋律の活きが良いのだよね。盛り上がり的には他の楽曲に譲るけれども、メロディアスと言う意味ではこれが一番面白く聴けた次第。

アッテルベリのある光景

アッテルベリと自分との相性は抜群だわ

ゴールデン☆ベスト 渡辺香津美 Better Days / 渡辺香津美 (2015 96/24)

このアルバムに至っては5年間も寝かせていたよ。と言うことで、大村憲司を聴いた後「国産の、弾きまくり、歌いまくるギターインストアルバムはないか?」と探してみたらこれを見つけた次第。『TO CHI KA』は比較的よく聴いているけれども、このベスト盤は本…

大村憲司 〜 ヴェリィ・ベスト・ライヴ・トラックス / 大村憲司 (2018 96/24)

久しぶりに聴いてみる気になった。いやはや。バンドアンサンブルのカッコよさもさることながら、大村憲司のギターが歌う歌う。このアルバムをしばらく寝かせておいたとはね。何をやっているのか、私は。 大村憲司 ~ ヴェリィ・ベスト・ライヴ・トラックス …

humansystem / TM NETWORK (1987/2014 96/24)

TM NETWORK作品の中で、このアルバムが最もスパイシーな出来だと思うのだよね。ある意味ハードボイルドとでも言いましょうか。それまでは未来感のようなもので統一されていたのだけれども、本作は曲ごとにテーマが定められていて、アルバムとしての統一カラ…

アルヒハレノヒ / 遊佐未森 (1994 FLAC)

遊佐未森の楽曲で好きな曲は数曲あるけれども、アルバム単位ではこの作品一択なのだよね。どこかトロピカルなのだけれども、真夏や熱帯のそれではなく、今、この初夏のシーズンにふさわしい、カラッとしたポップミュージックだと思うのです。

GO AHEAD! / 山下達郎 (1978/2002 FLAC)

とは言え、まだ朝食を摂っていないので、散歩明けでボンヤリとこれを聴いていた。エネルギー不足ですな。

DREAMS COME TRUE THE BEST ! 私のドリカム / Dreams Come True (2015 FLAC)

7時台の散歩はいつもの散歩コースの光景が全く違って見えた。小さな気付きがとても多い。それは光の加減もあるだろうけれども、強烈な紫外線と暑さの下で、ただ義務のように歩くのと、日差しは強いなりに視覚情報に与える朝ならではのコントラストの中で生命…

今日だけの音楽 / 坂本真綾 (2019 96/24)

本日の朝一に。22時就寝、6時起床。よく眠れた。今日から散歩のタイミングを早い時間に変えようかと。今までは朝食後、少し時間をおいてから出掛けていたのだけれども、今日からは朝食前に散歩をしようと。その為に、起床後に脂質・糖質の入ったプロテインバ…