音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

I'm Just A Singer 〜for LOVERS〜 / MIHIRO (2012)

毎週聴いているカウントダウン番組のゲストとして出演していたのをきっかけに気になっていたアーティスト。甘いR&B的サウンドを期待して聴いてみたが、ボーカルは思っていたよりもハスキーボイス。高音のアタックにどことなく徳永英明に通じるものを感じてみた。確かにベタなR&Bトラックよりも、どことなくメロディアスな曲の方が聴いていて耳が持っていかれる印象。メロディに動きがある曲の方が映える声質ではないかと。全体的に薄味なことと、曲によっての録音の得手不得手があってバランス感には欠けるアルバムだけれども、適度に今風な音楽を楽しむには悪くないアイテムかと。これでもっとトラック、特に低域のアタックがはっきりとした録音だったら相当に気持ち良いことになるのだろうけれども。まぁ、メロウな曲を中心にセレクトされたベスト盤ということを考えると、それなりの出来かな。