音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

The Beatles 1 / The Beatles (2000)

帰宅後に。なぜにビートルズなのかは自分でもよく分からないのだが。このバンドをBGM的に聴き流すにはいい感じのベスト盤。小難しい録音をしだした時期の作品は聴いていて辛いのだけれども、ナンバーワンソングには共通した懐の広さがあって聴きやすいのだ。ベスト盤は聴くけれども、オリジナルまで掘り下げて聴こうとは思わない。

いや、自分が山下達郎に見事にはまったことを考えると、音楽のとらえ方が変わってきてビートルズのオリジナル作品にも手を出すことが増えてくるのかもしれないけれども。まぁ、それは絵に描いた餅的な将来の話だ。