音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

EARTH BORN / SOFT BALLET (1989/2013)

SONY Music Shopの直販商品。この作品がリマスタ再発されるという記事を読んで、それほど悩まずにショッピングカートに突っ込んだ。なぜだろう。

中学生から高校生になろうかというタイミングでリリースされた作品だけれども、不思議と「BODY TO BODY」しか聴いた記憶がなく、アルバム単位で今聴いてみると面白いだろうなという直感が働いたか。

ということで、結果。うん、かっこいい。サウンドが完全に当時の音色(おんしょく)なのだけれども、その煌びやかなサウンドと、硬派に紡がれるメロディとが今聴いてもある種の新鮮みをもたらしくてくれる。自分が思い描いていたSOFT BALLET像とほとんどずれがなかったのも興味深いところ。早い話がこの人たちは「BODY TO BODY」が十分な代表作になっていたということだ。

ま、ここだけの話、「BODY TO BODY」のイントロが鳴った瞬間に「松岡英明?」と思ったのも事実。