音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ストラヴィンスキー:春の祭典 / ラトル(サイモン), BPO (2013/2014) Hi-Res

なにかもう一作品クラシックでも、ということで目に止まったのがラトルの「春の祭典」。感想は一発目に書いた内容が全てなのだけれども、それにしてもやはりこの禍々しさは尋常ではない。そのくせエナジーが身体の奥から沸々と沸き上がるような感覚に襲われるのだから不思議だ。この感覚の芽生えこそが、ストラヴィンスキーの狙った春の萌芽というものではないかという気までしてくるから面白い。こりゃぁ、愉快愉快。