音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

バッハ:チェロとチェンバロのためのソナタ全集 / シュタルケル&ルージイッチコバ (2004)

なんとなくCDラックのクラシック列を眺めていたら、この作品が目に入ったので再生。女性の弾くチェンバロの音を男性の弾くチェロが優しく包み込んで、とても優しいバッハに仕上がっている印象。聴いていると段々と落ち着いてくるけれども、時折スリリングなプレイがあってなかなか油断させてくれない。