音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

green on red / bloodthirsty butchers (2003 FLAC)

ドナドナしてしまっていたと思っていたCDがひょっこりと出てきた。今となっては貴重なbloodthirsty butchersのオフィシャルライブ音源。聴き始めれば、あの暗黒の30代にライブに何度か足を運んだことが思い出される。それは苦しい思い出ではなく、青年期の一ページとして記録されている類いのものだったりもする。

もう吉村秀樹の生声を聴くことは叶わないが、記録されているものがあればそれをひもといていつでもあのジャイアンボーカルを思い出すことが出来る。そして、今もまだ、そのボーカルをどことなく懐かしくも愛おしいものとして聴ける自分がいる。吉村秀樹が遺していったものは、きっと、いびつな青春の記録と記憶なのだろうな。