音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-06-14から1日間の記事一覧

パーフェクト・ベスト / 中山美穂 (2010)

中山美穂のシングル集がハイレゾ配信されるとのことを聞いて心がぐらついたのだけれども、改めてこの音源で聴くと、もう必要十分の音になっているじゃないか、と我に返ったのでハイレゾは見送り。…とか何とか言いつつ、いつの間にかウォークマンに入っていた…

Scheherazade & Other Stories / Renaissance (1975/1994)

圧巻ですな。壮大な絵巻物を見ているような感覚。それでいて難解に陥らない。

Beauty & Ruin / Bob Mould (2014)

ボブおじさんは本日も疾走を続ける。老体に鞭打っているのは自分か。

ハイレゾへの道、その過程。

気がついたら18枚のハイレゾ作品を購入してきた訳だけれども、段々とハイレゾで買うべきか否かの見分けがついてきたような気がする。スタジオやホールの空気感、楽器の打ち出す音に対する反射が聞き取れる音楽。ボーカルに艶を与える録音。そういった要素を…

The Stranger / Billy Joel (1977/2012)

HDTracksにて約$17で購入。ハイレゾ音源。うーん、これはハイレゾである意味があまり感じられない作品のような気がする。非常に音のよいCDという作りに聞こえるのだよな。イヤホンで聴いてみてもスピーカーで聴いてみても、ハイレゾならではのスタジオの空気…

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE / LUNA SEA (2014)

もう聴き飽きるほどに聴いてきた曲ばかりだけれども、それでも再生を止める気にならないというのは、このバンド独特のの鋭い演奏とメロディのポップさとのバランスが絶妙だからなのだろう。そして、これまでのどのベスト盤よりも楽しめる構成になっている。…

NEVER SOLD OUT 2 / LUNA SEA (2014)

ライブ盤。LUNA SEAはここまでライブバンドだったのかと、改めて気づかされるコンパイル。『NEVER SOLD OUT』を聴いた時にはそこまで感じ取れなかったのだけども、今聴いてみると、本当にライブでのバンドアンサンブルの上手さが引き立つことを実感させられ…