音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-06-25から1日間の記事一覧

私は羊 / ZABADAK (1991/2012 SHM-CD)

上野洋子のボーカルだけがジャスティスであると思いこんでいた時期が自分にもありました。でも、それではZABADAKとして成立しないと今ならしっかりと認識しております。吉良知彦の味のあるボーカルがそこに絡んだり、もしくはその逆であったりというパターン…

精選 / 梁静茹 (2016 SACD)

本日のチルアウトがてら。このディスクは私の宝物であります。何かが突出して素晴らしいアルバムでもなく、単なるベスト盤のSACD音源と言うだけなのですが、手に入れるまでのプロセスやら何やらが自ずとこのディスクを宝物級に仕立て上げたのであります。ち…

「阿久悠 作品集」/ ピンク・レディー (2020 SACD)

販路にタワーレコードも加わって、もっとこのディスクの認知度が高まってくれるといいな、などと思いながら。本当にね、鮮度の高いピンク・レディーですよ。聴いていてワクワクするのだよね。それは自分にとっては最もプリミティヴな音楽欲求の要素なので、…

スレイヤーズ MEGUMIXXX / 林原めぐみ (2020 FLAC)

他にいくらでも聴くものはあるでしょうに。否。アルコールをチビチビと入れながらの林原めぐみ。いいじゃない。

Belie / 中森明菜 (2016 FLAC)

改めて聴いてみると、どの楽曲も中森明菜節へと完全なる換骨奪胎に成功しているのだよね。原曲の存在などどこ吹く風で、これは私の歌、と言わんばかりに中森明菜が歌い上げる、ものにしている、様になっている。最高にイカしています。 思ってみれば、自身の…

SINGER2 / 島津亜矢 (2013 FLAC)

この「一人歌謡ヒットパレード」的選曲と流れが素敵じゃないですか。なかなか類を見ないカバーシリーズだと思いますね。歌い手が本業演歌歌手であることを差し引いても、この半端ない歌唱力と変幻自在な表現力をフルに駆使して歌い上げる様はお見事としか言…

ULTRA Pleasure / B'z (2008 FLAC)

曇天模様の下、比較的涼しかったので、午後だというのに思い立って散歩をしてきたのであります。昨日はプールで今日は散歩。正直身体のキレはイマイチではありますが、歩いてきたら少し頭がスッキリしましたよ。昼に1時間ほど寝ていたのでね。以下、散歩のお…

Gift from Fanks T / TM NETWORK (2020 FLAC)

自分がTMを好きなことに理由なんてない。いつ聴いてもどこかワクワクさせられるのだ。それを数十年続けているだけの話。聴いていると完コピ打ち込みしたくなるのは、世代と言うもののサガですな。

やっぱりスキャンスピーク君が好き

師匠様から送られてきたマークオーディオ君Mark2。ちょっとの間でしたが使ってみて、自分の好みの音、自分のシステムにあう音ではないとジャッジしました。しばらく使っていたスキャンスピーク君に比較して、キラキラ感は確かにマークオーディオ君Mark2の方…

Thriller / Michael Jackson (1982/2013 DSD64)

本日の朝一に。地震でたたき起こされて、その後、椅子の上で2時間ほど寝てましたよ。しかし何度聴いても聴きごたえのある作品であることよ。コンパクトなのだけれども、密度が非常に濃いのだよね。