音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

「阿久悠 作品集」/ ピンク・レディー (2020 SACD)

販路にタワーレコードも加わって、もっとこのディスクの認知度が高まってくれるといいな、などと思いながら。

本当にね、鮮度の高いピンク・レディーですよ。聴いていてワクワクするのだよね。それは自分にとっては最もプリミティヴな音楽欲求の要素なので、なおのこと。

とにかくバンド演奏を聴いて欲しい。都倉俊一のアレンジ力が自分の中で過小評価されていたことはこれまでも書いてきたことだけれども、それが根底から覆されたのでね。切れ味が鋭くて鋭くて、もうね。