音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-10-06から1日間の記事一覧

桜 / ZABADAK (1993/2012 FLAC)

ZABADAKのMOONイヤーズにおける集大成。それまでの遊び心が大幅に後退し、ミュージシャンとしての真面目さ、シリアス感が全体を覆っている。

ANTHOLOGY~20th Anniversary Collection / THE SURF COASTERS (2014 SHM-CD)

先日、BluOSで母艦PC内の音源を何気なく漁っていたら、サーフコースターズのかなり初期のアルバムがMP3で残っておりまして。そう言われてみると、その当時には結構聴き込んだな、と。改めて聴き直してみると、これが実にイカしていたので、この20周年記念盤…

シューベルト:交響曲第3番 / ホリガー, バーゼル室内管弦楽団 (2020 96/24)

チャーミングかつ快活に。クラシック音楽2連チャンでだいぶ体調も持ち直してきたので、このあとはお買い物にでも。図書館もひやかしてこよう。

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 / ツィメルマン, ポーランド祝祭管弦楽団 (1999/2017 SHM-CD)

第2楽章のピアノ、その美しさに聴き惚れる。美しいものには美しいという修辞のみがふさわしい。それ以外の言葉が無粋に感じられるほどの。

Distance[2018 Remastered Album] / 宇多田ヒカル (2001/2019 96/24)

お昼前。まだダルい。絞り気味のボリュームでこれを。ダルいと言ってもボーカル物が聴けないようなたちの悪いダルさではない。

DRIVE [Selected] / GLAY (2000/2015 96/24)

本日の朝一に。昨晩は近場で軽く友人と酒を。平日と言うこともあるけれども、まだまだ居酒屋さんはガラガラでありました。今朝は異様に眠い。身体も重い。昨晩の酒量は大したことはなかったのだけれども、一昨日の朝まで起きる無茶が今頃になってたたるこの…