音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

君は僕の宝物 / 槇原敬之 (1992)

20年前の槇原敬之最高傑作。ということは、この後はずっと惰性か?いや、そういうことではなく。

「君は…」シリーズは結局3部作となったわけだけれども、その中でももっともポップスとしての鉄壁さを保ったのがこの作品だったのではないかと思えるのだ。とにかく無駄のない作りと、それでいてとことん作り込んでいるトラック。当時の槇原敬之青年がその全てをつぎ込んでこのアルバムを作り上げたことが、聴いていてもよく伝わってくる作品になっている。だからこそ20年を経てもその色合いは褪せることがなく、恋愛ソングとして時には応援ソングとして古びることなく成立しているのだと思っている。

この人はSMAPというツールを借りて、ついには国民的ソングを書き下ろしてしまうのだけれども、それはまだそのずっと後の話。まだこの青年が自分だけの力で曲を書き下ろすことに専念していたがむしゃらな時代の名盤。