音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

h / hitomi (1999)

昨夜から急に自分の中でhitomiが盛り上がってきたので通勤の往路に再生。小室哲哉プロデュース期の曲だけれども不思議と聴き疲れない。高音を張り上げるボーカルがないからなのかもしれない。意外なところで中庸に収まっているというか。もしかしたら久保こーじがプロデュースに絡んでいるあたりで、この当時の小室哲哉の王道からは微妙に外しているのかもしれない。また聴きたくなる時が来るでしょう。