音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ザ・レコーディング at NHK CR-509 Studio / ASIAN KUNG-FU GENERATION (2013)

以前ライブ映像をテレビで見た際にはたいして印象には残らなかったはずが、なぜかこのアルバムを聴いてみることにした。非常に気軽な気持ちで。

ところがどっこい。ベスト盤的構成のスタジオライブレコーディング作品なのだけれども、昨年リリースされたそのベスト盤よりも格段にバンドサウンドしている。何よりも非常に音がいい。各楽器がバランス良く鳴り、ギターのゴリゴリとした感覚も味わえる。聴いているうちに「バンド組もうぜ!」という若気の至りが蘇ってくるような爽快感。

確かに中盤には「もしかしたらこのままぐだぐだに終わってしまうのではないか」という危機感めいたものも覚えたけれども、それも杞憂。最後の最後まで気合いの入った演奏を楽しむことが出来た。こういう音源を提供出来るのもNHKの強みなのかしら、などと思いながら。

アジカンの曲を数曲程度知っていて、そこから一歩踏み出したい人などには非常にお勧めできる作品ではないかと。自分もアジカンを聴く時にはこのライブ盤を積極的に聴こうと思った次第。今週末の意外な伏兵だった。