音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

kocorono 完全盤 / bloodthirsty butchers (2010 CD-DA)

と言うことで、話の流れを守るべくbloodthirsty butchersの最高傑作『kocorono』を。

途中までスピーカーで聴いていたのだけれども、もっとバンドと一体化したいという思いからヘッドホンにて、耳が悲鳴を上げない程度の大音量にて再生。そしてここまで音が鳴っていたのかということを、このアルバムに出逢ってからもう十数年も経つというのに、今さらになって気がつくという体たらく。いいのです、遅くとも気がつくことさえ出来れば。はぁ、バンドとしても素晴らしいエネルギーを持ったバンドだけれども、やはりそこに吉村秀樹のボーカルが乗ると、もう完全にパラレルワールドの現実に放り込まれる錯覚に陥るのでありますよ。この世の物であって、この世の物でない。そんな音世界。