音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

五線譜のメッセージ / 崎谷健次郎 (2013 FLAC)

ひょんなことから発売されていたことを知って、TSUTAYAディスカスからレンタル。

実の所、それほど期待はしていなかった。自分が好きな崎谷健次郎は90年代頭のハウスサウンドブイブイ言わせていた時期のサウンドとメロディだったので。ここまで聴かないブランクが空くと、妙に老成してしまったり、もしくはつまらなくなっているケースは多々あるもので。

ところがどっこい、崎谷先生。自分にとっての20年以上のブランクを一瞬で埋めるアルバムを作ってきてくれた。軽快なポップス、ちょっと大人になった歌詞。あの当時のファンが今聴くことに寄り添ったかのような作品を届けてくれた。軽妙だけれども浮ついたところのない、大人のための「ポップス」。

「ああ、崎谷健次郎はポップスの名手だったな」と言ったことを今に思い知らしめる一枚。とても素敵です、先生。