音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

日本の恋と、ユーミンと。 / 松任谷由実 (2012 FLAC)

昨日に引き続き。今日はDisc3を聴く。

おっと、こちらはいわゆる「バブリーな」松任谷由実作品が並んでおります。当時のテクノロジーとお金を駆使したサウンドが満載。うん、これがダメなんだ、これが。このサウンドユーミンの声が乗った時点で、もうアウト。その要因は何かと考えてみたけれども、恐らく声とサウンドの相性がよろしくないのではないかと。やっぱりユーミンの細い線には、アコースティックかせめてソフトなロックな路線が丁度いいのではないかと思うわけですよ。

でも何だかんだ言わせて、最後までつるりと聴かせるのは、ユーミンのソングライティング能力のなせる技なのだろうな。