音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ハイドン:ヴァイオリン協奏曲集 / カルミニョーラ, シャンゼリゼ管弦楽団 (2012/2018 SHM-CD)

何気なく購入したディスクなのだけれども、これが大当たり。音が流れ出した瞬間に「キタコレ!」と前のめりになってしまいましたよ。

室内楽的なヴァイオリン協奏曲。ハイドンって交響曲を聴いても「分かりやすいんだけれども、取っ掛かりが分からないなぁ」という印象だったのだけれども、これは「うわー、上品だわー。耳が喜ぶわー」とウハウハ状態でありました。超オススメ。