音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

井上陽水トリビュート / V.A. (2019 FLAC)

久しぶりに聴いてみたけれども、印象としてはファーストインプレッションとそう変わりはないな。どのアーティストもアクの塊である井上陽水の世界観を切り崩して換骨奪胎しようと躍起になっている様が痛快。

それでも結局の所は井上陽水の原曲のイメージをさらに増強かつイメージさせる結果になっていて、この人の牙城は崩しようがないなと再確認させられる次第なのであります。