音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

宜候 / 槇原敬之 (2021 96/24)

通勤の往路に。

3回も聴けば覚えられるキャッチーなメロディと、すんなりと耳に入り込む歌唱、歌詞との相乗効果を生み出せる存在、それが槇原敬之だと思うのだよね。

その実力がいかんなく発揮されている作品だと思うのよ。復活の本当の狼煙を上げたのではないかと。

宜候 (通常盤) (特典なし)