音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-07-05から1日間の記事一覧

BESTⅡ / 中森明菜 (1988/2012)

うん。よろしいのでありますよ。

BEST / 中森明菜 (1986/2012)

SACD盤。改めてじっくり聴くと、音質的には非常にアナログな感覚。小さい頃にレコードで聴いた雰囲気をふと思い出したりもした。それくらいにデジタルっぽさがない。おそらく録音がアナログで、それをDSDマスタリングしたのでは?ということは、実は完全にア…

KX / KREVA (2014)

自分にとってガツンと来るKREVAはやはりBPMが早めの楽曲なのだな。近年は歌心に目覚めてやや緩い感覚になっているところが、自分と合わなくなっているような気がする。10年分通して聴いても、やはり最初の違和感が拭えない。前回のベスト盤の方が、濃度が高…

Thriller / Michael Jackson (1982/2013)

月1の定期通院から帰る。ところが何もすることがない。取りあえずMJ。今日は数ヶ月ぶりにbayfmのチャート番組でも聴くか。しばらく聴いていなかったから、世間から相当取り残されているに違いないぞ。

everywhere / 坂本真綾 (2010)

梁静茹から坂本真綾への流れ。自分としては非常に自然な流れだな。

愛久見人心 / 梁静茹 (2012)

フィッシュ、もういっちょ。10年経過して、明らかに声が大人の女性になっているのだけれども、ポップな曲を歌わせるとちょっと少女性が顔をのぞかせるところが、またかわいらしい。いや、大人の女性にかわいらしいというのも失礼なのだが。

美麗人生 / 梁静茹 (2003)

今日は朝から梁静茹。しかも自分にとってのファーストコンタクトだったアルバムを再生。この頃の梁静茹はまだまだ少女だよなぁ。かわいらしいのだけれども、歌は上手い。こういう歌手は日本にはいないのだよなぁ。若いとアイドルにされてしまうか、妙にアー…