音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BEST / 中森明菜 (1986/2012)

SACD盤。改めてじっくり聴くと、音質的には非常にアナログな感覚。小さい頃にレコードで聴いた雰囲気をふと思い出したりもした。それくらいにデジタルっぽさがない。おそらく録音がアナログで、それをDSDマスタリングしたのでは?ということは、実は完全にアナログとイコールに近いものがあるのではないかと。根拠はないけれども。音がメタリックに響くことがないのだよね。