音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2016-04-23から1日間の記事一覧

Innocent Age / 茅原実里 (2016 FLAC)

ランティス的ハイレゾ価格にお口あんぐりになったアルバムですな。それはさておき、いいじゃないですか、今作。全体的に生音中心の音作りであることがまず聴きやすい。恋愛というコンセプトを立てているところにストーリー性があって、その点でも楽曲に対す…

COSMIC EXPLORER / Perfume (2016 FLAC)

3年近くぶりのアルバムですかー。気がつくと随分と待たされていたのだね。のっけからハードな展開で攻めてくるので「今回のPerfumeは硬派で行くのか?」と期待半分心配半分で聴くも、シングル曲が登場する辺りで良い緩和剤になって、アルバムのバランスを中…

Such A Funky Thang! / 久保田利伸 (1988 FLAC)

これまでの2作に比較して、一気に黒くなる3作目。前2作は「黒さを持ったポップス」と言った感だったものが、突然何かに覚醒したかのように「黒いグルーヴ」になる。そのようなアダルトコンテンポラリーを意識した作りになったというのは、推測でしか無いのだ…

B'z The Best XXV 1999-2012 / B'z (2013 FLAC)

しばらく妹に貸し出していた黒ベスト&ULTRA Treasure&ULTRA Pleasureを回収。CDラックの棚卸をしたかったのと、FLAC化を進めたかったので返却をお願いしたのだよね。これで後から戻ってくるはずの白ベストを除いて、B'zのアルバムは全てエンコード完了。他…

METAL RESISTANCE (日本盤) / BABYMETAL (2016 FLAC)

昼の2発目に。早朝まで長電話をしていたために、起きたのは12時過ぎ。シューベルトでゆっくりと頭を回転状態に持っていって、BABYMETALでブーストして、そして突然暇を持て余す。非常に平和な土曜日の午後ですな。

シューベルト:交響曲第3番&第8番「未完成」 / クライバー, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1978/2012 SHM-SACD)

昨晩のこと。e-onkyoを見ていたら、このディスクの96/24版がリリースされていたので「クライバーほどの指揮者の音源だったら、今さらこの音質でリリースされるのは少しおかしくないか?」という勘が働き、Amazonで検索をしてみると案の定過去にSACDでのリリ…