音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Such A Funky Thang! / 久保田利伸 (1988 FLAC)

これまでの2作に比較して、一気に黒くなる3作目。

前2作は「黒さを持ったポップス」と言った感だったものが、突然何かに覚醒したかのように「黒いグルーヴ」になる。そのようなアダルトコンテンポラリーを意識した作りになったというのは、推測でしか無いのだけれども、過去2作までの楽曲を大ビッグヒットになった『the BADDEST』で精算できたからなのかもしれないなどと思ってみたり。

今回聴いた3枚の中では実は一番聴き応えがあったのがこの作品でありました。ポップス時代の久保田利伸の方が好みかな?と思っていたのだけれども、それは自分も歳を取ったからなのかもしれない。