音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

CLOVER / スガシカオ (1997)

あまり聴いたことのないアルバムを流してみようと。もっともっと地味なアルバムだと思っていたけれども、案外と手作り感満載の、ミュージシャン擦れする前のスガシカオがここにいた。なぜに今までそれほど聴かなかったのかな。スガシカオ作品の中で、最も聴きやすい一枚なのかもしれないのに。

それはきっと、自分の感情の棘が最も尖っていた時期にこの作品に触れていないからなのだろうと、自己分析をしてみる次第。自分もそうやって丸くなると同時に、何かを失っていく。