音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Turn of the Card / Renaissance (1974/2006)

あれ?今年の5月に聴いていた。

Renaissanceのわりには小品が並ぶ構成。それはそれでとても聴きやすいのでウェルカムですよ。演奏はいつものようにシンフォニックフォークですから。それにしても雨天模様にもアニー・ハズラムの声は合いますな。ウェットな響きがする。晴天には抜けるような声を楽しめるのだけれども。