音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Sunshine Rock / Bob Mould (2019 CD-DA)

キタコレ!コレキタ!

シュリンクに貼ってあった「A CELEBRATION OF POWER OF ROCK AND ROLL」の謳い文句に煽られて、期待十分で聴いてみると、本当にこれまた12曲ノンストップで突っ走るパワーロックの嵐。吹き荒れる嵐。迷いも回り道も、全て飛び越してとにかくパワー!パワー!パワー!。

Bob Mouldおじさん、SUGARのリイッシューとFoo Fightersへの参加を経て、俄然息を吹き返したかのようにギターをかき鳴らすロックに復帰したかと思ったら、まさかのこのような形での到達点。

「これがパワーロックってもんなんだよ!」と大見得を切って、子どもたちを一切寄せ付けない圧巻のロックショーを見せつける辺り、全然老け込んだ様子もないじゃないですか!

かといって若返ったと言うのとも全く異なる。にじみ出る人生の辛酸。それを味わってきたからこそ出来る、このヘヴィなパワーロック。1曲3分のロックンロールショー。

御年何歳ですか、このおじさんは。もう初老の域に入っているはずなのに、この力強さ。もうね、ここまで来たら完全に脱帽ですよ。まいった!俺の負けだ!何の勝負か分からないけれども、負けた。

繰り返す。素晴らしいパワーロック。パワーロック好きがこれを聴かずしてパワーロックは語れない。本当に、それほどまでの名盤をザクっと作ってきましたよ。ボブおじさん。