音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 & チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / リヒテル, ヴィスウォツキ, ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団, カラヤン, ウィーン交響楽団 (1959,1962/2015 ハイレゾ 96/24)

久しぶりにリヒテルのラフマニノフとチャイコフスキー。

しかし濃厚だね。もうガツンガツンと音が塊になって押し寄せる。それは波のような塊が砕けるような瞬間であったり、音の礫が頭上から降り注ぐような心地よい痛みであったりという、「これがリヒテルだよな」としか言いようのない音世界。

特にチャイコフスキーはここまでイカした演奏だったのかと再発見。やはり耳は着実にクラシックの経験値を上げており、それに伴って、受け取る情報量が増えていることを実感するわけです。

いや、とにかくカッコいいわ。って、この感想は以前から変わらないな。

Rachmaninov: Piano Concerto No.2 / Tchaikovsky: Piano Concerto No.1 【Hi-Res】