音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

A.O.R. / Moonriders (1992/1999 FLAC)

夕方の午睡からの復帰。頭がボンヤリとしたままでこのアルバムを聴き終えてしまった。

今ならば、きっともっと評価されていただろう、ムーンライダーズのポップに振り切った傑作。「ダイナマイトとクールガイ」は何度聴いてもシビれる。感覚がマヒすることがない楽曲。必ず何かが自分の中で描かれて、何かが紡ぎ出される。最後の最後まで「男」の悲哀が貫かれている。曲としてもアルバムとしても。