音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第3番 / バレンボイム, シカゴ交響楽団 (1975/2010 CD-DA)

明るい!明るいシューマンだ!賭けに成功!

暗いシューマンは苦手だと前から書いているように、シューマンの交響曲集に新たに手を出すのには少々腰が引けていた側面がありまして。

今回タワレコ限定CDまとめ買い20%OFF作戦にやられ、先述のヨッフムのブラームスはまず押さえるとして、シューマンをこの若きバレンボイムと別の指揮者とでどちらにするか悩みに悩んでいたのです。そして70年代のシカゴ響に賭けてみた、と。

結果、音の出だしから非常に明るく、一瞬で「賭けに成功!」となったわけであります。

まぁ、もっと賢く調べてから購入するなどの手段はあったのでしょうが。その辺はオールウェイズ清水寺な自分ですから、仕方がない。