音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブラームス:交響曲第4番 / ヨッフム, ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 (1976/2017 SACD)

生気ほとばしる、勢いと統率のある演奏。

特に弦楽器の押し引きが波のように美しい。金管もスパーンと伸びる。それでいて全体を通してクールビューティーと言った印象。このブラ4は自分が聴いてきた中でも好みのトップに入る演奏。一発で好きになった。

ヨッフムという指揮者がどのような演奏を見せる人なのかと、試しに入手してみたのだけれども、いやはや、想像や期待以上の演奏であります。