音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-11-08から1日間の記事一覧

Sailing to Philadelphia / Mark Knopfler (2000/2014) Hi-Res

HDtracksのメールクーポンは悪魔だ。悪魔の使いだ。ブリットロック15%OFFなんて言うから、Mark Knopflerの本作をポチってしまった。でも反省はしていない。幸せ。ここ15年のノップラーの作品の中では一番メロディが明快な作品なので。しかもリマスタした上で…

Concrete Love / Julia Fordham (2002) SACD

「SACDを片っ端から聴こうの会」などというものを実施し、疲れ果てたところにこの1枚。本当に地味なアルバムなのだけれども、大人の女性のラブソング集といった趣で、非常にゆったりと楽しめる。音が過剰でないところが、最も好感が持てるね。若者向けJ-POP…

Disney on Brass / 佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ (2008) SACD

本作、ただいま再生中。ディズニーには全く興味はないが、このSACDディスクのtr.2でオーバーダブされているシンセサイザーの低音を如何にしっかりと再生出来るかによって、スピーカーの能力が問われるということを師匠様と話し合ったことがあったのです。だ…

J.S.バッハ:復活祭オラトリオ BWV249・昇天祭オラトリオ BWV11 / 鈴木雅明・バッハ・コレギウム・ジャパン (2014) SACD

SACDでのクラシックを聴きたくなったので再生。買ってからまだそれほど再生回数をかせいでいないのでね。クラシックを配信ハイレゾで聴くのも決して悪くないのだけれども、気のせいレベルかもしれないけれども、SACDの方が左右の空間の拡がりが出るような気…

プログレナイト2014 / ZABADAK (2014)

陰鬱としかいいようのない空模様。部屋にいるのでそれほど寒くはないが、外はどこか冷たい。風も弱く洗濯物も乾きそうもない。これが数日続くのかと思うと、より気分は鬱蒼としてくるわけで。そんなところにZABADAKのこのライブ作品。これが、曇天模様に意外…

Tapestry / Carole King (1971/2014) DSD64

foobar2000でDSD音源を再生する際に、DSD64を再生するのかDSD128を再生するのかによって設定を変更しなければならない点が結構面倒くさいと言うか忘れがち。この設定を忘れると思わぬノイズが乗ったりするので。この作品はDSD64。朝一で聴いていた丈青はDSD1…

MOONDUST / the pillows (2014)

あれ?ピロウズは意外と久しぶり感がないかい?前作が2012年リリースだから、比較的多作なピロウズにしては随分と間が開いた印象。で、その中身はと言うと、もう、ざっくりとしたピロウズ節。この人たちはもう何をやってもピロウズなので、安心感は抜群なの…

I See You While Playing The Piano / 丈青 (2014) DSD128

しっかり眠っても眠いとはこれいかに。夜勤明けの父が寝ようとしているので、ここは静かに丈青の柔らかなピアノを。