音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

J.S.バッハ:復活祭オラトリオ BWV249・昇天祭オラトリオ BWV11 / 鈴木雅明・バッハ・コレギウム・ジャパン (2014) SACD

SACDでのクラシックを聴きたくなったので再生。買ってからまだそれほど再生回数をかせいでいないのでね。

クラシックを配信ハイレゾで聴くのも決して悪くないのだけれども、気のせいレベルかもしれないけれども、SACDの方が左右の空間の拡がりが出るような気がしてならないのだよね。それはクラシックに限らず、ロック&ポップスのSACDでも同様。

それが検証出来るほどディスクを持っているわけではないので何とも言えないけれども、
ま、ちょっと気になったという程度で。