音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BUTTERFLY / L'Arc〜en〜Ciel (2012)

ファーストインプレッションであることを覚悟の上で。

予感的中。不穏な感じはしていたんだ。先行シングルもメロディがはっきりしない「雰囲気ソング」が多かったし、数年前のシングルまで収録しちゃっている。その中でオリジナル曲は4曲のみ。ここ数年のシングル曲で見せていたラルクは、それまでのメロディアスな方向からバンド志向へと舵を取ってきたのだけれども、その方向性だけでアルバムを作り上げてみたら、結果はメロディが心に残らないどこかのバンドのアルバムになってしまったという。

もちろん今後聴き込んでいくことで「あぁ、やっぱりラルクはいいなぁ」と思える可能性はあるのだけれども、1回通して聴いた限りではフックもなく印象にも残らず「あぁ、ラルクっぽい何かを聴いたなぁ」という気分で終わってしまった次第。ラルクならではのメロディアスなロックを聴きたかった。気を吐いたのが「GOOD LUCK MY WAY」だけだというのもアルバム曲不在を印象づけている。