音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

True / L'Arc~en~Ciel (1996 FLAC)

B級な作品をディグしていこう、などと考えていたのだが、なぜかL'Arc~en~Cielに行き着いてしまった。さっき聴いていた三重野瞳のせいだ。

自分にとってのラルクはとどのつまり、このアルバムに行き着く、帰り着いてしまうのだと。自分とこのバンドとを繋いだ作品だからこその「ホーム」なのだよね。

その点においては「アウェイ」に感じられた作品もあったバンドではあるけれども、結局の所はなんだかんだで大好きなのよ。

キャッチーだし、ロックだし、男が惚れるタイプのバンドだと思っているし。聴いていれば年甲斐もなくバンドをやりたくなるからね。極端に難しい再現性を有したバンドであることも、そう言った気にさせる要因ではないかと。

ラルクを完コピしようと思ったら、それは相当な腕を持ったメンバーを集めないことには始まらないと。特にリズム隊とギター。ほぼ全部だな。ボーカルのハードルはそれに比較するとやや低いかもしれないけれども、それでもこの絶妙なセクシーさは出せないだろうしなぁ。

このバンドで一番好きなパート?

ベースです。圧倒的にベースです。

このどこまでもキャッチーで売れ線なメロディを持ったバンドで、ここまで変態的なベースを堂々と弾きかます心臓は相当なものではないかと常々思っております。

True