音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Sound of Summer Running / Marc Johnson (1998)

タイトルこそは夏を冠しているけれども、こんな日本の秋晴れにも良く似合う乾いたサウンド。PAT METHENYの弾きすぎないギターが心地よい。