音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第5番 / ラトル,ベルリンフィル (2015 ハイレゾ 48/24)

MDR-100ABNにてNCを効かせて没頭。シベリウスの緻密なる絵画的手法はその弱音部の繊細さにあるなどと思いながら聴いていた。今回はラトルで聴いたけれども。ラトルの場合、やはり彩度が高いのだよね。それが悪いとは思わない。そのラトルが作り出す色彩が好きなのだから。

うーん、でも、ベルグルンド指揮のヨーロッパ室内管弦楽団によるシベリウスが結構お安くなってきたのだよな。ちょっと悩ましいな。