音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第5番 / リヒテル, ロヴィツキ, ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 (1959/2019 SACD)

おもちゃ箱をの中身を引っかき回すだけ引っかき回して、結局遊ばないよ、的な作品。と、勝手に解釈している。

ショスタコーヴィチまでは難解にならず、マーラーほど重くはなく、その中間点ほどで適度に音遊び的な音楽を作るユニークな作曲家が、このプロコフィエフではないかと。

そこにリヒテルの技巧が乗るわけで、そりゃあまぁ、痛快極まりなく。均した頭の中身をいきなりこちゃっとこねくり回す音楽で朝を迎えてみました。

さ、そろそろクラシックタイムも終わるかな。