音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SINGER3 / 島津亜矢 (2015 Apple Music)

島津亜矢によるカバーアルバム3作目。

原曲を歌った歌手が持っていた旨味、上澄みのようなものを踏みにじることなく、自分の中で咀嚼させた上で性別や年齢を超えた歌唱法を惜しげもなく披露しているところが、このシリーズの凄みに繋がっているのではないかと。ピュアな「未来へ」とダンディな「時の過ぎゆくままに」を聴いた際に、特にそれを強く感じたのだよね。

安心して聴けるというレベルを飛び越えて、ズッシリと聴かせるのだけれども決して歌に溺れていないと言う、もうシャッポを脱いで、スキンヘッドにした挙げ句に、ごめんなさいと土下座しながら聴きたいレベル。

枚数を重ねてもクオリティが落ちないところにも、何か薄ら恐ろしいものを感じてしまうのであります。聴き手としては喜ばしい恐ろしさなのだけれどもね。