音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SINGER7 / 島津亜矢 (2021 FLAC)

とにかくロック、ポップスの咀嚼力が、これまでの演歌歌手によるこの手のカバーによる基準で測ることが出来ない。

おそらくそれはリズム感によるところが大きいのだと思われる。譜割りに対して忠実であると当時に、そこに自らのカラーを変幻自在に上乗せする。そのことで島津亜矢による唯一無二のカバーが出来上がるのだろうと。そこがとにかく面白いのだ。

と言うことで、近日中に生声を聴きにうかがいます。チケットならおさえました。とにかく今、生でこそ観たいシンガーの一人でありますよ。是非ともそこでも度肝を抜かせて下さい。

SINGER7